Author: admin

Uncategorized

eスポーツのアート

デジタルアートは、美術館で見られるものだけでなく、オンラインゲームやeスポーツも含みます。 ここ数十年で格段に進化したオンラインゲームのグラフィックを楽しめる、イチオシのeスポーツゲームを紹介します。 リーグ・オブ・レジェンド 1億人のプレイユーザーを抱える、eスポーツ界で最人気の無料タイトル。個性的な多数のキャラクターを鮮やかな色彩で表現し、またモーションも滑らかで美しく臨場感あふれる画面を作り出します。 フォートナイト 日本では2018年にサービスを開始したカルト的人気を誇るこのゲームも、1億2500万人以上のユーザーがプレイする大規模ゲームです。キャラクターや風景のデザインはリアルというよりポップなスタイルが特徴的で、よりモダンなテイストを味わえます。
Uncategorized

デザインに見るアート

ゲームやウェブサイトのデザインは、おそらく現代人が一番よく見るデジタルアートでしょう。 しかし、デザインというものは技術の向上が良さにそのまま直結するものではなく、個人の感性と技量が、反映されるものです。 そのため、今よりも発達していない技術を用いながらも優れたデザインを創出してきた昔の達人に敬意を示すデジタルデザイナーは数多くいます。 森澤信夫の作ったモリサワ書体 例えば、その一人であるのが森澤信夫です。 今やデジタルアートの要素として欠かせないものの一つであるフォントの中でも代表的な種類を作り続けてきたのが、彼が創業した「モリサワ」です。リュウミンや中ゴシック、ヒラギノ書体シリーズなどを生み出し、DTP化を積極的に推進しました。
Uncategorized

高画質のオンラインゲーム

現在では、高画質のPCゲームやオンラインスロットゲームが世の中に数多く出てきています。その中でもとっておきの例をご紹介しましょう。 フォーセイクン・キングダム(忘れられた王国) こちらはオンラインスロットマシンで、大変美麗なグラフィックでヨーロッパ中世の世界を再現したゲームです。 スロットの絵柄には、剣や盾、城など、円卓の騎士をテーマにしたものが並びます。 黒い砂漠 こちらはMMORPGのPCゲームです。敵を倒しながら異世界を冒険していく物語で、自由度の高いキャラメイクができることに加え、圧倒的なリアリズムを誇る美しい世界を探検できます。時間経過があるので、昼夜の風景の変化も高画質ゲームならではの見どころです。
Uncategorized

芸術的な和風スロット

オンラインスロットゲームの中には、芸術的ともいえるほど、美しいグラフィックとテーマを持つものがあります。こちらでは、特に和風テーマの美しいゲームをご紹介しましょう。 Lucky Koi 有名プロバイダー、マイクロゲーミング社の開発したゲーム。色とりどりの鯉が優雅に泳ぐ蓮池が舞台です。絵柄には、鯉はもちろん、緑の亀や蓮の花、五円玉など、日本の伝統的なモチーフが並びます。個々のシンボルは鮮やかながら全体に調和を保つ色彩は、日本の美意識を全面に押し出しています。 UKIYOE スロット 日本の伝統的な版画、浮世絵作品を題材にした和風スロットの傑作です。東洲斎写楽を始めとする有名浮世絵師の人物画の数々が絵柄として採用されています。巨匠たちの作品を精細な画質で再現した画面に、風流な気分になれること間違いありません。
Uncategorized

芸術家集団チームラボ

「チームラボ」という現代アーティストグループをご存知でしょうか?テクノロジーとアートを組み合わせて新しい表現を模索し続けており、国内外で評価の高い芸術家集団です。 彼らの作品は、部屋をまるごとCGで制作したイメージで覆い、タッチするとアートが変化していくようなインタラクティブなものが多くなっています。視覚と触覚、そして聴覚を刺激する音楽とともに、全身でアートを体感できる空間を生み出すのです。 お台場にはデジタルアート専門美術館も チームラボは森ビルと提携し、2018年に東京のお台場に「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」というデジタルアート専門の美術館もオープンしました。 広大な敷地にチームラボの十八番である体験型作品を中心に60点を展示しています。
Uncategorized

デジタルアートとは

デジタルアートとは、コンピューター技術を使用した芸術作品のことです。 素材となる写真や画像、映像に加工をして制作されることもあれば、一からCGでイメージや映像を作ることも珍しくありません。 デジタルアートは日常のさまざまなところに デジタルアートは、芸術作品よりも日常生活に使用されているものを見る機会の方がずっと多いでしょう。 例えば、ウェブ媒体や映像の広告、映画がそうです。紙の広告や雑誌のデザインも、現代ではコンピューター上で制作されるため、デジタルアートの一種とみなすこともできるかもしれません。 さらに、ビデオゲームや、オンラインカジノなどのゲームもデジタルアートを用いています。
Uncategorized

アートの種類

アートと一口に言っても、さまざまな種類があります。一般的には、絵画や彫刻、工芸品、写真などを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。家具や建築、プロダクトデザインを思い浮かべる方もいるかもしれません。 現代ならではのアート 現代ならではのアートに、コンピューターテクノロジーを使用したアートである、デジタルアートがあります。コンピューター技術、インターネット技術の発展と共に、アートでもそれらの技術を使用した新たな表現が生まれてきました。デジタルアートの説明について、詳しくは「デジタルアートとは」の記事をご参照ください。 また、日本のデジタルアート界で成功を収めているグループ「チームラボ」については、「芸術家集団チームラボ」の記事で解説しています。
Uncategorized

AIとデジタルアート

世界的にAI(人工知能)の研究が進んでいますが、AIがデジタルアートを作成できるようになったことはご存知でしょうか。人工知能はついに、芸術の領域まで足を踏み入れたのです。 AIで自動生成する絵画やイメージ 芸術作品の特徴やパターンを学習し、実際に絵画を制作したり、ランダムなデジタルイメージを生成できるAIがすでに登場しています。 大手アートオークション会社サザビーズでは、AIが描いた人物肖像画が43万2,500ドル(約4,900万円)で落札されたというニュースまで飛び出し、美術界を震撼させました。 現在はまだ実用的な段階に至る途中過程ですが、もしかしたら、PCゲームやオンラインゲームのグラフィックまでもAIが自動で作成する時代がいつか来るかもしれません。