Author: admin

Uncategorized

オンラインスロット界を騒がせるゴンゾーズクエスト

オンラインカジノゲーム業界の老舗、ネットエント社のHPをみると、ゲームを紹介するページの最初に、このゴンゾーズクエストのキャラクター、「ゴンゾー」が出てきます。ゴンゾーズクエストは、あのネットエント社がそれだけ前面に押しているスロットゲームだということです。 ゴンゾーズクエストのテーマ このスロットゲームのテーマは、クエストという名前からも分かる通り、古代遺跡を探索し宝物を見つけるというものです。ゴンゾーのモデルは、大航海時代のスペインのコンキスタドール、ゴンサロ・ピサロなのでしょう。ゲームの雰囲気自体は、テーマはエジプトと違いますが、あの人気スロットゲーム「ブック・オブ・デッド」に似ているといっていいでしょう。 ゴンゾーズクエスト詳細 ここからはゲームの詳細について説明します。ゴンゾーズクエストはスロットゲームではありますが、リールが回るのではなく、上から石板が落ちてくるという斬新なシステムを採用しています。 ゴンゾーズクエスト最大の特徴は、「アバランチマルチプライヤー」というシステムです。アバランチの名前が表すように、雪崩式に配当が増えていくというシステムで、連続してあたりを引くと、2倍、3倍、5倍と配当が増加していきます。 またフリーフォールシンボルを揃えることで突入するフリースピン、「フリーフォールモード」もプレイヤーにはたまらない魅力です。10回分のフリースピンが与えられ、しかも配当は3倍になるからです。「アバランチマルチプライヤー」と重なれば、最大15倍の払い戻しになります。 ゴンゾーズクエストのプレイヤー還元率は96.0%で、ボラティリティは平均程度といわれています。しかし配当がどんどん上がっていくシステムのため、長時間楽しんでいられます。単調なスロットでは飽きてしまうタイプの方に、お勧めのスロットゲームです。
Uncategorized

グラフィックが美しい芸術的なビデオゲーム

近年のテクノロジーの発展とともに、ビデオゲームも大きな変化を遂げてきました。そして、ビデオゲームのグラフィックも美しくなり、アートとも呼べるクオリティの高いビデオゲームが誕生しました。特にPlayStation 4 Proが発売された直後に、ビデオゲームの在り方が大きく変貌を遂げました。 この記事では芸術的で美しいビデオゲームを紹介します。 The Last of Us The Last of Us はPS3専用タイトルのひとつです。PlayStation 4 Proが発売される前にリリースされたビデオゲームですが、PS3の性能を限界まで活かしたこのビデオゲームのビジュアルには誰もが魅了されます。外から差し込む自然光、オブジェクトの反射、遠方描写など、どれをとっても美しく再現されており、ありとあらゆる技術が使われているのが特徴です。 また、登場人物の表情の描き方が美しく、思わず感情移入をしてしまうような完成度の高さとなっています。 キングダムカム・デリバランス キングダムカム・デリバランスは、チェコのゲームメーカーが開発したPS4用ゲームソフトです。このゲームは15世紀のヨーロッパをテーマとしており、生い茂る木々、賑やかな城下町、悠々と流れる小川など、当時の様子が美しく再現されています。まるでヨーロッパを旅行しているかのような気持ちに浸ることができます。キングダムカム・デリバランスはロールプレイングとしても自由度が高く、多くのゲーマーから愛されるゲームとなっています。 ABZÛ ABZÛは魚たちと一緒に泳ぎながら海の中を進んでいくアドベンチャーゲームです。水の中の世界が美しくい描かれているほか、魚が泳ぐ様子に躍動感があり、画面を操作しながらもまるで水族館にいるかのような錯覚を起こします。 深海をイメージさせるサウンドもまたグラフィックの美しさを際立たせる要素となっています。 ファイナルファンタジーVII リメイク – PS4 多くのゲーマーの間でグラフィックが美しいゲームとして称えられているファイナルファンタジーVII。美しいゲームグラフィック、壮大な物語、魅力的なキャラクター、すべての要素で高い評価を得ているのがこのゲームです。多数の最新技術が採用されており、バトルシーンなどでは一際迫力を見せつけられます。現代のグラフィック技術によるそのリアルな世界観に没頭してしまうこと間違いなしです。
Uncategorized

今人気のグラフィックデザイン5選

広告、パッケージ、ウェブなど、どこでも見つけることができるグラフィックデザインは常に進化しています。グラフィックデザインにはトレンドがあり、そのタイミングによってデザインの雰囲気が大きく異なります。 今回は今話題のグラフィックデザインを紹介します。 開放的なレイアウト 2019年のトレンドとして人気を集めたのが「開放的なレイアウト」です。2018年まではフレームを使用したグラフィックデザインが一般的でしたが、2019年に入ってからはよりオープンで大胆なデザインが流行するようになりました。 フレームを取り払ってスペース全体を大胆に使ったグラフィックデザインは遊び心があり、人々の想像力を掻き立てます。 3Dデザイン 3Dデザインはトレンドというよりも、ここ数年の定番のグラフィックデザインとなっています。そして、2019年になってからはより3Dのリアルさが増し、まるで写真のような世界観を表現できるようになりました。 このグラフィックデザインはビデオゲームにもよく使用され、躍動感のある世界観を創り出しています。 3Dは今後もデザインの分野において多くの変化をもたらしてくれることでしょう。 鮮やかな配色 宇宙や近未来、夢の世界を彷彿とさせるような鮮やかな配色は間違いなく2019年のトレンドと言っていいでしょう。 3Dデザインやグラデーションなど自由に組み合わせることによって、よりデザイナーの個性を出すことができるのが特徴です。また、タイポグラフィにおいても複数の色を組み合わせることが多く、見る人を楽しませてくれます。 メタリックなエフェクト メタリックなエフェクトは今後人気が出てくることが予想されている注目のグラフィックデザインです。メタリックなエフェクトは光が反射しているように見せることで演出されており、幻想的な世界を生み出します。 また、メタリックなエフェクトは最新テクノロジーを連想させるため、車メーカーなどの広告などにもよく使用されています。また、高級感を出せるのもメタリックなエフェクトのメリットといえるでしょう。 巨大なタイポグラフィ 最近のグラフィックデザインにおける変化として挙げられるのが、タイポグラフィの巨大化です。2019年はインパクトのある巨大なタイポグラフィが多く、広告にも多く使用されました。 垂直、対角、水平方向、立体、影など動きを持たせることで、個性的なデザインがたくさん生み出されています。
Uncategorized

デジタルでイラストを作成する方法

皆さんはコンピューターでイラストを描いたことはありますか?本物のキャンバスや筆をそろえようとすると費用もたくさんかかりますし、絵を乾かしたり汚れないように専用の部屋も必要になりますが、デジタルイラストであれば誰でも手軽に始めることができます。 ここでは従来の絵ををデジタルイラストで再現する方法をご紹介します。 必要なもの コンピューターが必要になります。できればメモリは多い方がいいです。もしコンピューターが高価だと感じる場合は、Chromebook(特にタッチパネルがあるのがおすすめです)を2、3万円台で購入できます。もっと気軽に始めたい場合はスマートフォン、iPadなどのモバイルにスタイラスペンだけ準備しても大丈夫です。実際にプロのような方でもモバイルでイラストを描いている人もいます。 イラストソフト 使用するハードウェアが決まったらイラストソフトを考えましょう。ソフトごとに有償・無償、機能にもかなり差がありますが、まず始めてみたい方には アイビスペイント がおすすめです。アイビスペイントは無料で使用でき、特にアニメのイラストを作成する絵師の方にとても人気です。日本国内で有名な Pixiv でもプロアマ問わず使用されています。 水彩画 水彩画は紙に少し水がにじんだような表現が特徴ですが、デジタルでも再現できるのでしょうか?これにはブラシツールの水彩(にじみ)を使って実現できます。これでまるで実際の紙に絵の具で描いているようなにじみ感が再現されます。もちろんにじみの強さや太さなども調整可能です。文字通り塗ることもでき、ポンポンと筆で色を置いていくテクニックも使えます。もちろんデジタルですので失敗したら簡単にやり直したり消したりすることができます。 油絵 油絵もデジタルであればとても簡単です。水彩画と違って乾いた絵の具に色を重ねて塗っていきますが、これにはレイヤーを活用できます。レイヤーは言葉の通りに層を作成します。層の順番を変えたり、特殊な効果を試したり、表示・非表示、削除も簡単にできます。実際の油絵では絵が乾くまでずっと待たなければいけませんが、デジタルではその必要もゼロです! デジタルイラストを試す準備はできましたか?初期費用なしで始めることもできるので、写真者の方やお子様にも最適です。最初から高価な機材を買わずに小規模に始めるのがおすすめです。
Uncategorized

人を感動させる、AIの力を借りて作られたアート

人工知能(AI)に芸術は分かるのか? 人工知能(AI)に芸術は理解できるのだろうか、また、人間を感動させるようなアートを生み出すことは可能なのだろうか? 私が調べた結果、その答えは「YES」と言わざるを得ないものだった。 人間の視線の行く先に花を咲かせるAIアート たとえば、2017年に東京で開催された「視線で花咲くアート展」では、NECの最新技術とコラボしたAIの力を借りたアートが人々を感動させた。 プロジェクターに映し出された絵を見ている複数の人間の視線の行く先を人工知能が先取りして予想し、視線の先に花を咲かせるといった動的なCGアートは、人々を驚かせるに十分だった。 この作品は、ゼロからAIが創作しているわけではなく、あらかじめコンセプトや大枠は人間によって決められてはいるが、AIの力を借りる事で人間を驚かせたり感動させる芸術が創作可能な事を証明している。 「AIの持つ『決められたことをやっていく緻密な所』と、人間の持つ『気まぐれさ』が混ざっていく事で、すごく面白い作品になるのではないか」と、製作関係者は語っている。 2つのAIが互いに競いながらレベルの高い絵を生み出す また、AIがよりクリエイティブにアートの創作段階から関わっている例もある。 2018年、世界最大のアートオークション「クリスティーズ」が、世界で初めて、AI(人工知能)による作品を出品すると発表した。その作品は一見、人間の画家が描いたような雰囲気を醸し出しているが、実際には二つのAIが互いに競い、学習を深めながら生み出されたものだ。 膨大な芸術作品から学習した片方のAIが作品を創作し、もう一方のAIが人間によって書かれた絵とAIが創作した絵の違いを探し出す。後者のAIが違いを見つけられなければ、それは人間の描いた絵と見分けがつかないほど近いというわけだ。 また、この2つのAIに加え、よりオリジナリティの強い作品を生み出しつつも、人間の描いた絵から逸脱しないようチェックする機能も兼ねたAIも加わる事で、よりヒトによるアートと遜色がない作品が生み出されるとの事だ。 AIは高度な芸術作品を生み出す事が出来る。 この2つの例は私にとって衝撃的だった。機械には、人間を感動させるようなアートは生み出せないだろうと思っていたからだ。最近では、AIの力を借りる事で斬新なアートが創作可能で、さらに複数のAIに共同作業させる事で、より創作の力を高める事も可能という事が明らかになった。 この調子では、そう遠くない未来に、AIの天才芸術家が生まれているかもしれない。
Uncategorized

室町時代の才能豊かな絵師たち

日本史上には数多くの素晴らしい絵師(画家)たちがいますが、室町時代の絵師をよく知っている人はあまりいないのではないでしょうか。太平の世で数多の芸術的才能が花開いた江戸時代に比べると、見劣りしがちな室町時代ですが、どんな世にも誇れる芸術はあるものです。 この記事では、室町時代に優れた作品で知られた絵師たちを紹介します。 禅僧でもあった天章周文 室町時代中期に京都で活動した周文は、足利将軍家のお抱え絵師でした。また、現代でも高名な寺である相国寺に禅僧としても仕えていました。 山水画(中国の絵画様式で、山や川、滝、森、岩など自然の風景を題材としたもの)に多大な影響を受けた周文の作品には、力強い描線でオリジナリティ溢れる創造的な自然風景を描き、遠景と前景をよく描き分けるという特徴が見られます。 ただし、周文は自身の名を作品に残さなかったため、周文作とされる作品はすべて推定によるものです。 その中で周文作である可能性が最も高く、また国宝となっている『竹斎読書図』は、縦135㎝という長さの画面に、禅僧たちの詩と周文の山水画が描かれた優れた共作です。 トゲトゲしているとも言える独特の線で木々や岩の輪郭を表し、絶妙な墨のグラデーションで霧深い山の情景を見事に表しています。 こちらは東京国立博物館所蔵の作品なので、いつか東京・上野で公にお披露目される日が来るかもしれません。 日本漢画の祖、如拙 如拙も、南北朝時代~室町時代中期にかけて活動した絵師で、また相国寺にいたことがわかっています。日本で漢画(中国様式の絵画)の様式を築いた祖とされています。 如拙の最も有名な代表作である国宝の『瓢鮎図』は、室町幕府将軍足利義持の注文により描かれたもので、自然の中で川を泳ぐナマズを男がひょうたんで捕えようとする光景を描いています。 如拙の作品はモノクロームの水墨画が多いですが、この作品はところどころに淡く絵の具が施されており、より生き生きとした物語描写がなされています。 後世への影響 周文に絵を学び、如拙を祖として崇めた者に、禅僧絵師の雪舟がいます。水墨画を得意としながら、花鳥画、人物画でも知られる類い稀な才を持った絵師で、上記二人の中国様の山水画を受け継ぎ、日本独自の山水画様式を生み出した人物と言われます。 周文と如拙が導入した中国様式は、後世の絵師たちの手を経て、日本らしさを持つ新しい作風へとつながっていったのです。
Uncategorized

eスポーツのアート

デジタルアートは、美術館で見られるものだけでなく、オンラインゲームやeスポーツも含みます。 ここ数十年で格段に進化したオンラインゲームのグラフィックを楽しめる、イチオシのeスポーツゲームを紹介します。 リーグ・オブ・レジェンド 1億人のプレイユーザーを抱える、eスポーツ界で最人気の無料タイトル。個性的な多数のキャラクターを鮮やかな色彩で表現し、またモーションも滑らかで美しく臨場感あふれる画面を作り出します。 フォートナイト 日本では2018年にサービスを開始したカルト的人気を誇るこのゲームも、1億2500万人以上のユーザーがプレイする大規模ゲームです。キャラクターや風景のデザインはリアルというよりポップなスタイルが特徴的で、よりモダンなテイストを味わえます。
Uncategorized

デザインに見るアート

ゲームやウェブサイトのデザインは、おそらく現代人が一番よく見るデジタルアートでしょう。 しかし、デザインというものは技術の向上が良さにそのまま直結するものではなく、個人の感性と技量が、反映されるものです。 そのため、今よりも発達していない技術を用いながらも優れたデザインを創出してきた昔の達人に敬意を示すデジタルデザイナーは数多くいます。 森澤信夫の作ったモリサワ書体 例えば、その一人であるのが森澤信夫です。 今やデジタルアートの要素として欠かせないものの一つであるフォントの中でも代表的な種類を作り続けてきたのが、彼が創業した「モリサワ」です。リュウミンや中ゴシック、ヒラギノ書体シリーズなどを生み出し、DTP化を積極的に推進しました。
Uncategorized

高画質のオンラインゲーム

現在では、高画質のPCゲームやオンラインスロットゲームが世の中に数多く出てきています。その中でもとっておきの例をご紹介しましょう。 フォーセイクン・キングダム(忘れられた王国) こちらはオンラインスロットマシンで、大変美麗なグラフィックでヨーロッパ中世の世界を再現したゲームです。 スロットの絵柄には、剣や盾、城など、円卓の騎士をテーマにしたものが並びます。 黒い砂漠 こちらはMMORPGのPCゲームです。敵を倒しながら異世界を冒険していく物語で、自由度の高いキャラメイクができることに加え、圧倒的なリアリズムを誇る美しい世界を探検できます。時間経過があるので、昼夜の風景の変化も高画質ゲームならではの見どころです。
Uncategorized

芸術的な和風スロット

オンラインスロットゲームの中には、芸術的ともいえるほど、美しいグラフィックとテーマを持つものがあります。こちらでは、特に和風テーマの美しいゲームをご紹介しましょう。 Lucky Koi 有名プロバイダー、マイクロゲーミング社の開発したゲーム。色とりどりの鯉が優雅に泳ぐ蓮池が舞台です。絵柄には、鯉はもちろん、緑の亀や蓮の花、五円玉など、日本の伝統的なモチーフが並びます。個々のシンボルは鮮やかながら全体に調和を保つ色彩は、日本の美意識を全面に押し出しています。 UKIYOE スロット 日本の伝統的な版画、浮世絵作品を題材にした和風スロットの傑作です。東洲斎写楽を始めとする有名浮世絵師の人物画の数々が絵柄として採用されています。巨匠たちの作品を精細な画質で再現した画面に、風流な気分になれること間違いありません。